2018年11月06日

10年 アニバーサリーだぜ!!!

このブログ始めてから10年たちました。
10年前は、ネット上にほとんどなかった日本語でのHAARPの記事も、
今はいっぱいあって、本当に感謝しています。
Zeitgeistの3作目の内容、moving forward,
じつは、リーリースされたあとから、自分自身の人生を見直さなければならず、
というのも、まったく自覚してなかったのですが、
ヒントはこの3作目moving forwardに後押しされたのもあったかなと、
この10年をふりかえって、思います。
自分自身が、虐待を受けてきた子供であり、ゆえにいろいろな典型的な依存症であること、
類は友を呼ぶで、いろんな仲間たちがいて実際に知っていることの現実の事、
Zeitgeistのmoving forwardで見れる内容のまえに、じゅうじゅう自分自身で体験してわかっていたことなので、
それを、第二作目で私はものすごく批判したあとに、ピーターはこれを作ってくれた。
まんず、これが出た時にこれを見た自分自身の状況が、
もっともな内容だと思ったけど、自分自身、幼少からの虐待のカゴの中にいて、
お金のために、さらには自分の子のお金のために、自分自身の親からの虐待にがまんして
独りぼっちで泣きながら屈辱を我慢し続けるという事を続けなければならなかった時なので、
・・・もっともでよくわかっていることだけど、絵空事だった。
でも、ある時、自分の息子が少年団などで不当に扱われて苦しんでいた時、
「不当に扱われたならはっきりそれを伝えて、表明しなければ権利を得られないし、不当に扱われたなら訴える権利があるし、
自分がそれをしないと、あとあと、多くの人が同じ目に合って不幸になるし、
不当に扱われたと思ったら、伝えるべきで、それが誰かの思わぬ間違いだったら、同じ間違いをしないようにできるし、
故意の悪意であればそれが皆の前で裁かれるべきで、それは他の人達を救うことができる重要な事」
と、いくら自分の子に教えても、
自分自身が、意識があるのがつらいからウイスキーやジンをボトルからあおるという生活を何十年も続けてきて今まだ生きてるのが不思議という状態でパワハラでもセクハラでもお金の為に両親からの屈辱を我慢しながら奴隷のように使われる日々、
そして毎日のように独りぼっちで惨めに泣いて過ごす、
まー、とにかく、説得力が無い。
で、
私は、両親とは一切口をきくのをやめ、かかわらないようにし、うちの仕事に行くのもやめ、
でもいままでどうり、うちの会社の給料はもらうことにした。
でも、どんだけ金もらっても、
私が今まで失ってきたことは買い戻せない。
毎年毎年、子供の運動会で、楽しそうにお弁当を広げている家族。
私は涙が止まらないので、子供に弁当を持たせてそそくさと逃げて、こどもはどっかの家族に混ぜてもらってた。
ピーターが紹介したように、生活環境が改善されれば、ダメージや依存症は癒されることができる。
自分も、色々こころみた、でも、
一生一緒にいて新しく生活を始めたいと思ったひとには私は、
使い捨てのティーバッグみたいにゴミ箱に捨てられたみたいなかんじ。
・・・自分の親もそうなのだけど、
そういう人たちがなぜか、ファンを集めて、有名だったりする。
自分自身がいい思いをしたいからそのような流れを作る、人たちがいい顔をしていて、
そのために費やされた人たちは惨めに泣き崩れて泣き寝入りなだけ。
自分はどうやら、そういう目に合うような、運命らしい。
だれかを幸せにしようと頑張って、いいように使われて、棄てられる。
不幸でいるのは
それを自分で選んでいるからだと言われる。
親を尊敬できなかったら出世できないとか、アセンションできないとか言われる。
親を選んで生まれてきたのは自分だと言われる。
子供が親を選んだというのは、まあ、わかるけど、
世の中がそれを子供のせいにするのではなく、その子供達から世の中が学んでいくためにそうなってるんでないかい?
子供が親の顔色を見て行動するのは本能で、この宇宙のふつうのあたりまえの現象、
赤ちゃんが母親の表情だけでどれだけ反応するかなんてほんと原点。
自分自身がボコボコに殴られ続けた家畜のような母親だった時に幼少時代を過ごした私の子がこの先どうなってしまうか、わからない。
私は少なくとも精一杯、自分の子供の為にできるだけの事はしようとして必死ですごしていた。
自分の両親から逃げ出さなければと思ったとき、理想の人に逢って、彼の家族のとこになだれ込んだけど、
彼の家族は素晴らしすぎで、彼自身は実は酷いのに疲れた。
ちゃんちゃん、これまでの10年。
今は、また別次元で、うちの会社の仕事もしてないけど毎日死ぬほど忙しい。
沖縄のかわりに今、北海道が米軍基地に移転されようとしている、ので、そのこともあるし、
自分の映像制作のキャリア、ミュージシャンのキャリア、長いけど、
今になって、色々と重要に使えるポイントがいっぱいあって、コツコツ、いっぱいありすぎ、で、まあ、
色々、効果的に取り組める機会と、なんせ、10年前とちがって、いっぱい仲間がいるということ!!!
ほんと、素晴らしい!!!
Moving Forward について、
笑っちゃううほど、あっぱれ、な、くらい、
私は、実例で内容を具体的に紹介できるので、
紹介していきたい、(私の息子の父親がほんと、そういう面で、素晴らしすぎる(笑)あ〜、このためにわたしはさんざんロンドンで警察にも救急車にも何回も世話になったのねみたいな。。。)
まあ、そのうち。。。
一年間ブログ更新しないと削除されるみたいなので、
あわててのとりあえずの投稿でした。。。


posted by macco sneezingsparrow at 02:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする